FitbitからPebbleライクなデバイスが発売するらしい。Pebbleユーザーの僕が気になった点を調べた。

未分類

Pebbleを買収したFitbit社から4月に新たなデバイスが発売されるらしい。その名も「versa」。

リークされた画僧を初めて目にしたとき「あ、pebbleだ」と思った。四角形のベゼルの角が丸っとしている見覚えのあるデザイン。キタコレ、と。

 

 

僕がPebbleを買ってからはや半年。Pebble Time Round一台では飽き足らずPebble Timeまで買ってしまった。あまりの便利さとそのデザインに惚れて本当に毎日身に着けているくらいヘビーユーザーになってしまった。Pebbleのベゼルデザインとウォッチフェイスの多様さが特に気に入っていて、買収先のFitbitからPebbleライクなデバイスが発売されないか待っていたところだった。

 

 

Fitbitといえば、主に運動をする方向けのウェアラブルデバイスを主に販売している会社だ。運動時のカロリー測定機能や防水機能、GPS機能を搭載していて何km走ったか何m泳いだかまで測定できるようになっている。

しかし僕はあまり運動をしないので、正直これらの機能は必要ではない。単純にPebbleみたいに一風変わったスマートウォッチが欲しい、それだけ。

なので今回は4月に発売予定のFitbit versaについて、個人的に気になる点を調べていこうと思う。

 

気になる点

Pebbleのようにウォッチフェイスを個人で作成できるのか?

Pebbleではユーザー自身でウォッチフェイスやアプリを作成できるように公式から開発ツールが公開されていた。versaではこういったサービスがあるのかどうか気になった。

Pebbleの醍醐味はなんといってもサードパーティー作のウォッチフェイスに着せ替えられる楽しさにあると思っている。

 

Fitbit公式サイトのversaのページを調べてみたところ、下記のような記述があった。

Give your screen your style by choosing a new clock face from the Fitbit app or developing your own.

「developing your own」ということは自分でアプリを作る開発環境を用意してくれているようだ。さらに調べるとdeveloperのページがあり、Fitbitアカウントを作成した後に開発のページに飛んでいくのだと思われる。名前はFitbit Studio。開発にはJavaScriptやCSS、SVGなどの言語を用いるとのこと。

 

調査結果:できる

 

とはいえ、僕はそういった作ったりする技術は持ち合わせていないので、ぜひとも有志の方にユーモアの効いたウォッチフェイスやアプリを作って提供していただきたい。

※Fitbitでは「ウォッチフェイス」の呼称が「Clock Face」とされている。

 

Fitbit Payって日本で使えるのか?

Fitbit製品を使う機会があったら是非とも使ってみたいと思っていたこの機能。Apple Payに憧れている部分が自分の中にあるので、できるなら使いたい。

 

公式サイトのFitbit Payの各国の対応銀行を記載されているページを調べてみたところ、2018年3月31日現在では日本の銀行はどこも対応していないようだ。

 

調査結果:使えない

 

しかし、今後より対応する銀行を各国で増やしていくと記載があったので、そのうち日本でも使用可能になるかもしれないので諦めることなく期待したい。

 

シリアルナンバーを使えば安くなるのか?

Pebbleのサポートが今年で終了するという記事に「シリアルナンバーを持つPebbleユーザーはIonicが$50(約5000円)割引で購入可能」とあったのを思い出した。そこで、versaもこの対象となるのか気になったので調べてみた。

が、先に結果を言うと、割引に関する情報は見当たらなかった。

 

調査結果:不明

 

日本国内の大手ガジェットサイト”engadget 日本版”と”GIZMODO”でFitbit versaに関する記事を調べてみたところ、発売前の現在ではそういった内容は記載されていなかった。

アメリカのサイトの場合はどうだろうと調べてみたところ”engadget”やその他大手サイトにもそういった情報は記載されていなかった。

 

なので、上のリンク記事内の「割引のための情報アップデート用ページ」で僕が持つシリアルナンバーを入力しその後の返信を待ち、何かしらの情報が手に入り次第報告をしようと思う。

シリアルナンバーはPebbleの端末の裏側に記載されている。気になった方はリンクからとんで入力してみてほしい。

 

まとめ

Pebbleユーザーとして気になった点について調べてみた。しかし、発売前の現在では情報があまりに少なかった。lonicに割引が付くのであれば、できればversaにも同じような待遇をしていただければと思う。

 

欲しい気持ちはあるけど、情報の少ない今の時点では購入は見送ろうと思う。

発売後の動向を逐一チェックしていきたい。

 

なお、日本語版公式サイトには発売日が記載されていないが、米国版アマゾンには4月16日に販売されるとあった。恐らく日本での発売日もそれくらいではないかと予想する。

 

コメント