\

憧れ続けた一足、念願のCOLE HAANを買った話

ファッション

学生時代、好きでよく読んでいたモノグラフさんの記事を読んで以来、週末に履くカジュアルシューズの憧れはコールハーン一択でした。

 

ドクターマーチンが定番アイテムとして扱われるなか、そのもうひとつ上のグレードである、名番コールハーンをいつか手に入れる。
あの記事を読んでから、いつか手に入れるその日を望んでいました。

 

コールハーンといえば百貨店の紳士服売り場に置いてある、いわば「デキる男」が履く靴のイメージ。実際僕は何度も百貨店に足を運び「これやっぱいいっすねぇ!」とか言いながら試し履きをしまくりました。百貨店価格で約5万(税込)。とてもじゃないけど、薄給の僕が手に入れるにはあまりに高すぎる靴。

 

あの記事を読んではや2年、運よくセール価格で売られているところに遭遇し、衝動買いしてしまいました!

日にあたると反射するような鮮やかなブラウンレザー。
白いソールとレザーにポップさを感じざるを得ない。美しいっ!!

 

このソールに僕は惚れました。
ビジネスシューズのようなかかとのソールでは、休日に履くには少しピシッとした印象。
まじめすぎな気がします。

 

この平べったいソール、しかも白なら明るい印象を感じるし、遊びに行くにはちょうどいい。というかパーティーみたいなフォーマルな場面とかでも余裕で履けそう。

 

特徴的なソールにはナイキの技術を流用されていて、以下のような説明をされています。

歩く際の足の動きに対応するため、屈曲性に優れた軽量なアウトソールを採用。アメリカントラッドなルックスに抜群の屈曲性を結合することで、革新的なドレスシューズを生み出しています。

 

 

スニーカー以上、ビジネスシューズ未満ってところ

あんまりにもカッコよくて、早速履いて外出。

上から眺めてみるとこんなかんじ。寒くなってきたこの季節にはその色が明るく映えていいですね!靴自体もランニングシューズ並みに軽く、屈曲性の高いソールのおかげで革靴なのに超絶歩きやかったです。

正面から見てみるとこんなかんじ。

ドレスシューズだけどかたい印象はなく、カラーリングのおかげもあってかやはり明るい印象を感じますね。寒くなってきたらロングソックスに合わせて履きこなせることができそうです。

 

正直値段は安くはないんですけど、この一足を手に入れたことで大人の階段を一段上がれたような気がしました。

「おしゃれは足元から」とか「靴をみればその人がわかる」なんて言葉もあるくらいですし、おしゃれな大人への第一歩として、このコールハーンはふさわしい一足になるんじゃないかと思います。

 

これからの外出が楽しみになりそうですっ。

コール ハーン COLE HAAN ORIGINALGRAND LWN II (WOODBURY) -アウトレット通販 ロコレット (LOCOLET)
コール ハーン COLE HAAN ORIGINALGRAND LWN II (WOODBURY)

コメント