【Pebble】夏対策でベルトを交換。NATOベルトで涼しく快適に過ごしたい。

ガジェット

夏の暑さが日に日に勢いを増して、ここ最近は連日各所で猛暑日が続いています。半袖短パンで仕事ができたら快適だろうなぁと思うんですが、そこまで世の中甘くないのでせめてもの抵抗としてPebbleのベルトを交換することにしました。

 

Pebble TimeとPebble Time Roundの2つを愛用しているんですが、さすがにこの時期にレザーベルトやラバーベルトで過ごすには蒸れてしまうので、どうにか対策をと考えていたところでした。

 

そこで、僕はこのNATOベルトに変えることにしました。

NATOベルトはナイロン素材で作られた腕時計ストラップのことを指し、元は軍用として用いられたことが始まり。ナイロン素材なので汚れてもすぐに洗濯ができるし、デザインも豊富な上に安価なため、着せ替えてファッション性を求めることもできる優れモノ。

 

NATOベルトに交換

到着した商品を開封する以下のアイテムが入ってました。

・NATOベルト

・バネ棒(22mm、24mm)

・バネ棒外し

選んだカラーはシンプルなスモークグレー。この色なら涼しさも多少感じるし、夏以降の季節にも使えるバランスの取れた色かなと思い購入を決断。

安価なので薄くペラペラなのかと思いきや、意外と分厚さもあり丈夫そうです。触り心地はサラッとしていて、これなら着けていてもストレスなく着けていられそう。

 

ベルトを交換するPebble Timeのベルトサイズは22mmなので、購入時によく見てから買うことをおススメします(Pebble Time Roundは20mm)。

写真のように、22mmのバネをPebbleの上下に刺し、隙間にベルトを通していくこので交換します。特に注意点などもなくかなり簡単です。

 

これでおしまい!

グレーの筐体に同じくグレーのベルトがいいかんじ。

 

交換前と比較してみるとこんなかんじ。ガラッと雰囲気が変わりますね。

あとは10分程度で交換できることも証明されてますね。簡単。

 

まとめ

夏を少しでも快適に過ごすために、まずは腕時計のベルトを交換して涼しさを得ようと思います。

 

これを機に僕のPebbleは2台ともNATOベルトに交換を完了したので、雰囲気だけでも涼しく過ごしていけそうです。価格も¥1000ちょっとなので、今の色に飽きたらまた別の色に変えてみようと思います。

 

また、今回はPebbleで交換をしてみましたが、他の腕時計にも使うことができるので気になった方はぜひやってみていただきたいです。

 

暑い夏を乗り切るために小物から変えていくのもいい手段なのかもしれないなぁと感じた出来事でした。

コメント