【Pebble】ついにサポート終了。Rebbleアカウントに引き継ぎをしよう。

未分類

 

ついにPebbleの公式サポートが終了してしまいました・・・。

 

今後の展開について調べてみると、引き継ぎ先のRebble公式サイトに引き継ぎに関する新たな投稿ありました。

 

今回は投稿されたRebbleアカウントの設手順を書いていきます。

この引き継ぎについての詳細は下に記載しますので、詳細のみを知りたい場合はスクロールしてください。

 

※Pebbleアプリとの連携があるので、この設定は普段からPebbleとリンクしているスマホで行ってください

 

今回の引き継ぎに伴い、まだRebbleアカウントを作っていない方は前に書いた記事を参考にしてください。

【Pebble】Pebbleサポートが終了間近!Rebbleに登録して引き続きサポートしてもらおう。
Pebbleのサポートもいよいよ終了の時を迎えた。公式がサポート終了を明言していた6月もいよいよ後半に入った。 サポートが終了したらPebbleはどうなるのかを調べた内容は僕のサブブログに書いてあるので、気になる方は読んでみて...

 

アカウント引き継ぎの設定方法

まずはRebbleアカウントにログイン

各アカウントでログインすることができるので、各自設定したアカウントをお使いください。

ログインできたら以下の画面に切り替わります。

ログインが完了したら、元のページに戻り囲ってあるURLをタップ。

 

すると、以下の画面に飛びます。

先ほどrebbleアカウントにログインしているので、ここで再ログインする必要はありません。

下までスクロールして「SWITCH TO PEBBLE」をタップ。

すると、しつもPebbleをマネジメントしているPebbleアプリに移り変わります。

 

 

 

Pebbleアプリに切り替わったら、ここでもログインが必要になるので、先ほどと同じアカウントでログインしてください。

 

ログインが完了したらRebbleアカウントに引き継ぎができたことになります。

これで終わりです。

 

iPhoneを使っている方は公式から設定方法の動画が出ていたので参考にしてみてください。

 

引き継ぎに関する詳細

公式の発表によると、Pebbleが提供しているアプリや機能は引き続き使えることができるようです。

ただ、サードパーティーアプリ(Pebble以外の個人が作ったアプリ)に関してはサポートできないそうなのでご注意を。

 

できること

  • ウォッチフェイスやアプリのダウンロード
  • ファームウェアの設定(日常使いには特に関係ない)
  • サポートページの利用(英語サポート)

 

できないこと

  • サードパーティーアプリのサポート
  • iOS11でのPebble Time Round&Pebble2のSMS返信(修正を検討中)
  • 日本語サポート

 

ついでに3$/月額で以下2つの機能が使えるようになるみたいです。

  • 音声メッセージの送信機能
  • 天気予報アプリ

 

まとめ

Rebbleへの引き継ぎで特に大きな変化はなかったように思います。

Pebbleユーザーの僕ですが、これといって使う機能は音楽機能くらいのものですので、使用で困ることはなさそうです。

 

最後の文章にはCloud Pebbleの復活もかるかも・・・と書いてありましたので、技術者の方には嬉しいニュースかもしれません。

 

「This isn’t the end.」と記載があるので、どうやらPebbleはまだ終わらないみたいです。

開発は買収先のFitbitに移行してしまいましたが、僕はもう少しPebbleを使い続けようと思います。

 

Pebbleの次のニュースに期待しましょう。

 

コメント